日射計に関する有効活用方法について

日射計は、単位時間や単位面積当たりの太陽光エネルギー量を測定する機器のことをいいます。測定される日射量には、直接太陽から観測点に差し込む光の量である直達日射量と、大気の分子や雲の粒子に散乱された光の量である散乱日射量、そして直達日射量と散乱日射量の2つの日射量の和の光の量である全天日射量の3つの種類がありますが、日射計にも直達日射計と全天日射計の2つの種類があり、直接太陽から差し込む光の量を測定する直達日射計は筒状、総合的な日射量を測定できる全天日射計はドーム状の形状となっています。また、全天日射計の場合は、水平な状態を保つことが原則必要ですが、全天日射計の中には水準器や水平調整装置が備わっているものもあるので、測定前に水平かどうか毎回確認しなくても簡単に水平な状態で日射量を測定することができます。

日射計の測定方法と注意しておきたいポイント

用途に合わせてさまざまな種類がある日射計ですが、日射量を測定する方法にもいくつか種類があります。通常日射計は、地表に降り注ぐ太陽光エネルギーを電気量や熱量に変換して測定する方法が一般的ですが、その他にも受光部分に光電子素子を配置して、光を受けて生じた電気量を日射量に換算する日射計もあります。測定する日射量によってさまざまな種類の日射計がありますが、日射計を利用・設置する際には注意も必要です。例えば、日射計は風速計や温度計などとは違い計量法等には該当しない気象計測器となっているため、校正期間や交換機感が義務付けられてはいません。そのため、より正確な日射量を測定するためには定期的に新品の日射計に交換することが大事です。また、太陽光パネルに設置する場合は、パネルに日射計の影がかからないように設置することも、より正確な日射量を測定するためには必要です。

日射計を有効に活用する方法とは?

日射量は動植物の生育だけでなく、人間生活にもさまざまな影響を与えるため、日射計は農業や工業、建築に医学まで幅広い分野で利用されていますが、特に植物の蒸発散作用をはじめ、光合成や体温形成などとも密接に関係している日射量は、農業分野では農作物の生育状況を把握する上で重要となっており、日射計もまた欠かせないアイテムとなっています。また、近年地球温暖化対策の一環としても推奨されている太陽光発電にも日射量はとても重要な要素となっていますが、太陽光パネルを設置する際に、太陽光パネルと一緒に日射計を設置しておけば、電気に変換する前の太陽光のエネルギー量を知ることができるほか、事前に電気へ変換する前の太陽光のエネルギー量を把握することで、太陽光エネルギーから電気へ換える変換効率を知ることが可能です。

地球環境を考えることをテーマに気象データを収集し、太陽光発電システムと気象条件の関係などを詳しく調査できます。 温湿度センサーは家庭用としても普及しております。 自然科学や山、海、川などの自然を愛する人が勤務しております。 気象・放射観測システムでは、風向風速・温湿度プロファイル・日射(上下)、積雪を太陽電池のみでモンゴルで観測を行っています。 応答性の感度が抜群で正確な数値と結果を出す日射計